読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1. 夢

夢を見る.内容は覚えていない.

0. 現実

目覚まし.7:30である.という記憶はあるもそのまま落ちた.

1. 夢

夢を見る.内容は覚えてない

0. 現実

目が覚める.9時.ちょっと予定があったのだが完全に遅刻で謝罪連絡を送る.そして落ちる.

1. 夢

夢を見る.

2. 夢

夏に行ってたインターン先に第2弾とか言われてまたインターンに行ってる. 何らかのイベントで酒を飲む機会があり,飲みまくり酔いまくり,気が大きくなりその場で新幹線に飛び乗り家に帰る. 次の日に実家で目をさますとまだインターン期間中であったことを思い出して焦る. 人事さんとメンターさんに連絡したところで途切れる.

1. 夢

目が覚める.そのまま眠くなり寝る

2. 夢

父親と小さい飛行機(プロペラ機?)を整備している. 今となってはよくわからないけどとりあえず飛ばないと行けない. 「こんなの飛行機じゃないわ! 羽の付いたカヌーよ!!」 「だったら漕げばいいだろ!!」と父親と漫才をしている. よくわからないけど飛んで実家についてめでたし,めでたし. 着陸の衝撃で家が潰れたのでどうしようかとか話をする.

0. 現実

13:30.急いで準備して家を出た.


解説

夢のなかで二度寝をし,現実においては三度寝をするという複雑な構造だった. プレビューしたら,なんかh1, h2, h3の違いがわかりにくいデザインだったので数字をつけている. インターンの夢は,インターン回想を寝る前にしたからだと思う. プロペラ機の夢は,寝る前にコマンドー見たからだと思う.